カードローン増額は総量規制とどう関係する?

 

利用中のカードローンの限度額は増額を申し込み、再審査(増額審査)に通過することで、契約時よりも高額にすることが可能です。

 

しかし、再審査がある事からお察しの通り、申し込めば限度額が必ず大きくなる。という事ではありません。

 

また、消費者金融から借り入れをしている場合は、勿論、増額額出来るといっても総量規制の範囲内です。

 

その為、すでに契約時に年収の3分の1ぎりぎりの限度額で借り入れ契約をしている場合、増額審査に通ることはまずありません。

 

では、銀行での借り入れなら年収以上の限度額増額も可能か?といえば、法律上は規制されていません。

 

ただし、銀行での増額審査でも返済能力が認められない事には、希望額への増額は厳しい事でしょう。

 

そもそも、限度額が年収以上になったとして、満額ギリギリまで借り入れをした後、残高以下の収入で完済がちゃんとできるのか?という点で金融機関側がどう判断するか大体予想が付くと思います。

 

収入の増加を証明できれば増額可能?

 

では、契約時よりも収入が増えたので、限度額も契約時より引き上げてほしい!という場合、総量規制の年収制限はどうなるでしょう。

 

増額審査は、基本的に収入証明書の提出を求められることが多いです。

 

特に、増額によって限度額が50万円を超える場合は、総量規制適用かどうかにかかわらず、高確率で収入証明書類が必要になります。

 

その為、例えば、消費者金融での借り入れ契約時、年収が150万円で定められた限度額は40万円だったとします。

 

ちなみに、初回契約時は、50万円以下での貸付が一般的と言われているので、年収制限も考慮して限度額は総量規制の範囲内で少し低めに設定されがちです。

 

とりあえず、ある程度の間はその限度額40万円までの範囲で利用する事になるでしょう。

 

ところが、例えば勤務先で何か役職について、給与が年収で計算して50万円ほどアップしたとします。

 

すると、年収が200万円になったので、総量規制に則った借り入れ可能額は再計算すると約60万円となります。

 

その場合、収入が増えた後の給与額が証明できるなら、総量規制の範囲も合わせた限度額増額は可能といえます。

 

収入増加後の安定性が重要

 

ただし、その増額された給与を安定して貰えていることが前提となるので、給与が増えた!といってすぐに増額審査に臨むのはオススメしません。

 

というのは、収入額が増えたとしてもその金額で貰い続けられるのかが、貸し付け側としては心配だからです。

 

その為、収入・年収増加に合わせて、限度額も同時に増額!というようにスムーズにはいかない可能性が高いです。

 

ただし、収入が増えてしばらく、残高に対する返済も滞りなく利用を続けた後なら、増額の可能性は十分にあるといえるでしょう。

カードローン利用履歴によっては減額されることも!?

 

時に、増額の際には再度与信が問われることは先述した通りです。

 

その際、場合によっては逆に限度額を引き下げられてしまう事もあります。

 

主な限度額引き下げの原因は以下のようなことが考えられます。

 

限度額減額の原因

  • 返済が滞っている。
  • 住所や連絡先など登録情報の変更をしていない。
  • 他社借り入れが増えた。

 

まず、今ある残高の返済すらままならない状態で、限度額を増額することが出来ないのは理解の範疇だと思います。

 

ダメもとで増額申し込みをしたら利用停止になってしまった…。というような事例もあります。

 

次に意外と多いのが、カードローン契約申し込み時に申告した情報に変更があったにも関わらず、その変更後の情報を借り入れ先に伝えていなかったケースです。

 

例えば、連絡先として登録した携帯番号を変えた、引っ越しをして住所が変わったなどという変更情報は、必ず契約先に伝えてください。

 

昨今はネットのマイページから情報変更が可能なので、そこまで手間もかかりません。

 

情報変更を伝えないと、貸付側は借り逃げを心配して、限度額を下げたり利用停止にしたりします。

 

急にカードローンが利用できなくなった!という場合は、そのケースが原因である可能性が高いです。

 

そして、特に消費者金融で気を付けたいのが、他社借り入れの増加です。

 

借入先が増えていたり、他社借入残高が増えている場合、増額を申し込んだ金融機関の限度額は下げられることが多いといえます。

 

貸付側としては、他社での借り入れが増えているのに、うちでもさらに借りて返済できるのか?自転車操業をしているのではないか?

 

というように、貸し倒れリスクとしてみなします。

 

もっと簡単にいってしまうと、他の所で借りているのが面白くない。というのもあるでしょう。

 

他社の借り入れに引っ張られて、自社の債務の回収率が下がるのは貸金業としては避けたいところです。

 

加えて、総量規制では1社で50万円以上、他社残高合わせて100万円以上の借り入れの際には、収入証明書の提出が必須です。

 

その際、提出した収入証明書に見られる収入額が増加もしていないのに、他社借り入れは増えている。などという状態がみられた場合は、自社の債務が踏み倒されないように金融機関はします。

 

それらが原因で増額を申し込んだつもりが、借り入れ利用停止や限度額減額になってしまいます。

 

上記に充てはなりそうな状態にあるときは、カードローン限度額増額は申し込まない方が良いでしょう。

 

減額された限度額を残高が超えている場合

 

ちなみに、例えば増額申し込みをしたはずが、何かしら審査に不利な点があって限度額が下げられてしまった際。残高が限度額を上回ってしまう事もあると思います。

 

限度額が下がり、その時の残高が減額された枠を超えている場合は、借り入れ残高が枠内になるまで返済しか出来なくなります。

 

例えば、ある金融機関の限度額が50万円だったのが、他社借り入れを増やしたことで30万円に減額されたものの、残高は40万円あったとします。

 

すると、減額された限度額は30万円なので、借入残高が40万円から30万円以下になるまでは借り入れが出来ません。

 

その様な状態をカードローンの利用停止といい、信用情報にも取引履歴として記録されます。

 

その為、既存のカードローン限度額が下がり、利用停止になったからといって他社カードローンに申し込みをしても、審査に落とされる可能性が高いです。

 

限度額が下がるという事は、貸付側に返済能力が認められていないという事ですから、大人しく与信が再評価されるまで返済をするのが望ましいでしょう。