総量規制対象外のおまとめローンを選ぶなら?

総量規制の借入上限がある現在、おまとめローンは負債が多くなってきた人にとって、最後の選択手段とも言えます。

 

借入件数が増えてくると、総量規制の年収3分の1未満であっても、融資を断られることがあり、どこからも借りられなくなったとき、思い浮かぶのは借入を一本化にする「おまとめローン」なのです。

 

消費者金融等の貸金業者はおまとめローンや借り換えローンなどの特殊貸付であれば、年収の3分の1以上になったとしても総量規制例外貸付として融資をすることが可能になっています。

 

しかし、総量規制例外貸付の場合、おまとめローン後の借り入れができないので、完済するまでずっと返済一辺倒になってしまい、お金が必要なときでも原則限度額内での借入さえもできません。

 

それに対し、総量規制対象外の銀行カードローンでおまとめした場合、総量規制は関係が無いので、例外融資ではなく、フリーローンをおまとめローンとして利用すれば、一本化後も基本的には限度額内で借入もできることになります。

 

加えて、消費者金融にも借り換え・おまとめ専用のローンが通常のカードローンとは別で取り扱われてはいますが、借り換え・おまとめをしたところで金利がほとんど下がることがありません。

 

その為、正直なところ消費者金融を借り換え・おまとめ先に選ぶメリットはないといえます。

 

ただし、銀行カードローンやフリーローンへの借り換え・おまとめが審査落ちなどで、どうしても出来ない場合にはそのまま複数借り入れ先があるよりも、おまとめした方が返済負担が多少は軽減できます。

 

もし、おまとめすることのメリットが大きい銀行での契約に失敗してしまった場合のみ、消費者金融の借り換え・おまとめローンを検討するのが適当といえます。

総量規制対象外のおまとめローンで選ぶならどこがおすすめか?

銀行カードローンでおまとめしようとした場合、数ある銀行からどこがおすすめなのか?ひとつ注意点を言えば、全部の銀行がおまとめローンとしての利用がOKとなっているわけではありません。

 

例として出せば、三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックでは、消費者金融からの借り換えは認めていても、おまとめローンとしては利用禁止となっています。その他にもセブン銀行カードローンは限度額がそもそも最高で50万円なので、まとめることも難しいです。

 

しかしながら、多くの銀行カードローンはおまとめローンとしても利用を認めているケースが多く、有名なのはオリックス銀行カードローンみずほ銀行カードローン三井住友銀行カードローンなどです。

 

みずほ銀行や三井住友銀行はメガバンクとして有名ですが、そこに食い込んでいるのがネットバンクのオリックス銀行カードローンです。

 

オリックス銀行は金利3.0%〜17.8%となっており、最低金利はみずほ銀行・三井住友銀行よりも断然低くなっています。最低金利は低いのですが、上限金利も高くなっており、17.8%は消費者金融のプロミスと同じ金利なのです。

 

金利の幅が広いことは審査次第では低金利で借りられる可能性もあるということであり、現にオリックス銀行カードローンは限度額によって金利が変わり、おまとめローンにはうってつけのローンともいえます。

 

なによりオリックス銀行自体がおまとめローン・借り換えローンに対し積極的に融資をしていることから、まず、銀行カードローンでおまとめするならオリックス銀行が現時点ではおすすめと言えます。

 

おまとめローン後の借入れ・返済のサジ加減も大事!

 

総量規制例外貸付ではない銀行カードローンを利用してのおまとめローンの場合、おまとめ契約後も借り入れが可能となります。

 

しかし、そこで見失ってはいけないのがおまとめローンの目的です。

 

返済にかかる利息分を抑えるためにおまとめをしたのだとしたら、あまりおまとめ後に追加借り入れを何度もしていては、おまとめローンをしたメリットを潰すことになります。

 

というのは、おまとめローンをして借り入れ残高にそれ以後かかる金利が下がったとしても、借り入れを続けて残高が増えれば完済までの期間は長くなります。

 

すると、おまとめローンをすることでカットしつもりであった利息分は、あっという間にその返済期間のうちに嵩んでいきます。

 

また、同じく返済期間が延びる事の弊害として、ローンを一本化させて完済するつもりなら追加借り入れを自重することは勿論、契約先が定める最低返済額だけで毎月返済しては早期完済に漕ぎつけません。

 

おまとめローンは確かに金利や毎月の返済額を下げたりし、複数借入からの立ち直りのきっかけになりますが、おまとめをただするだけでは残高は減りません。

 

おまとめをしてからの、借入れ・返済の仕方も考えることが必要です。

 

具体的には、おまとめローンの目的が早期完済である場合は、なるべく追加借り入れが自由に出来たとしてもしない事、金利を下げて利息を軽減させるなら返済期間が伸びないように約定返済以外に随時返済や上乗せ返済をする事などが対策として挙げられます。