結婚費用は足りている?ブライダルローンとは?

 

最近は結婚式を大々的に上げる方が少なかったり、低予算で済むようにする方が多いようですし、実際コスパの高い小規模挙式プランは需要が高いようです。

 

しかし、それでも婚約から新婚旅行までかかる費用の日本全国平均は460万円程度となっています。(参照:親ごころゼクシィ公式サイトデータ)

 

ご両親からの支援とご祝儀の数にもよりますが、全体でそれほどかかるという事は夫婦二人で少なくとも100〜200万円は用意が必要でしょう。

 

ちなみに、昨今の働いている方の平均年収は420万円です。男女で分けた場合は、男性521万円、女性276万円が平均年収となっています。
(参照:国税庁 平成27年分民間給与実態統計調査結果)

 

未来の夫婦二人共が結婚まで働いていて平均の年収程あれば、ローン契約などせずともそれなりの挙式が挙げられる事でしょう。

 

ただし、全体平均の年収が理想の結婚費用額より低額ある事は否めません。
しかも、日々の出費を入れていない年収の場合の話ですから、やはり結婚費用の平均額を用意するには、第三者による金額の補填が必要となってくるでしょう。

 

そこで、色々な事情で式は挙げたいけれどお金が工面できない場合に、検討してみてほしいのがブライダルローン(またはウェディングローン)です。

 

時に、ここで説明するブライダルローンは、各金融機関の資金用途自由のカードローンをブライダルローンとして利用するものではありません。

 

意外とブライダルローンという名目で普通のカードローンが勧められていることが少なくないのですが、目的ローンとしてのブライダルローンも世の中には出回っています。

 

加えて、なぜ目的別のブライダルローンを敢えて取り上げるかといえば、通常カードローンと比べると金利が低い場合があるからです。

 

勿論、目的別ローンとしてのブライダルローンの資金用途は結婚に関わる事物に限られます。

ブライダルローンの資金用途

  • 婚約・結婚指輪
  • ドレスの費用
  • 結婚式
  • 新婚旅行
  • 結婚後の引っ越し費用

など

 

主な資金用途は大体上記のとおりです。ここにブライダルエステなどさらに挙式までの準備と、挙式後の必要費用が含まれる場合もあるでしょう。

 

資金用途が限定される目的ローンの申し込みの際には、資金用途が確認できる請求書や予約伝票、見積書などが必要となってきます。

 

また、融資後もしくは挙式後に支払い確認ができる書類を求められることもあります。

 

カードローンよりも必要書類は多いですが結婚費用平均が400万円程のところ、大体どこのブライダルローンも融資額の最高限度額は300万円までとしています。

 

ブライダルローンでは契約者の年収含む属性や信用情報に問題がなければ、100〜150万円ほどは借り入れが出来るかと思いますから、だいぶ費用の助けになるといえるでしょう。

 

ブライダルローンのメリットと注意点は?

 

資金用途自由なカードローンやフリーローンをブライダルローンとして利用するのであれば、確かに婚前や式を挙げた後の新生活でも用途に際限なく利用が可能です。

 

ただし、ブライダルローンのような目的ローンで資金用途が限られない分、金利が高く付き易く、借りられる金額も審査にもよりますが、なかなか100万円以上の高額融資を受けるのは難しいといえます。

 

そのあたりを考慮した時に、ではなぜブライダルローンであれば金利や融資金額にメリットがあるのかといえば、資金用途の証明として提出される必要書類がフ多目的ローンより多い分、借入金の具体的な使い道を貸付側も把握でき、借り入れ側も使いすぎるリスクが低いからといえます。

 

カードローンとブライダルローンの金利比較表

カードローン名(銀行)

金利

オリックス銀行カードローン

3.0〜17.8%

新生銀行カードローン レイク

4.5〜18.0%

三井住友銀行カードローン

4.0〜14.5%

ブライダルローン名(金融機関名)

金利

目的型ローン ブライダル(楽天銀行)

7.0%(固定金利)

ちばぎんブライダルローン(千葉銀行)

5.0%〜5.2%(保証料込)

プレシャンテ(JACSS)

6.5%または18.0%

(利用額100万円で返済が一括の場合に18.0%)

 

ブライダルローンは、信販・クレジット会社や地方銀行が取り扱っていることが多いです。

 

また地方銀行の場合には、その地域に根差したサービスや機関の利用で金利が引き下げになる場合もあります。

 

ブライダルローンでは、基本的にどこで契約した場合も、申込時の書類提出に加え、借り入れ後(基本的に式の後日)に領収書や振り込み書などを提出し、支払いをしたことを貸付側に証明する事も同様に必要となっています。
また、低金利と高額融資を可能にするために、ブライダルローンは申し込み条件が厳しい場合があります。

 

例えば、非正規雇用者への貸付はしていない。年収の規定がある。保証人が必要なこともある。などがある為、契約できる利用者層というのは限られてきます。

 

加えて、融資までの手続きに時間がかかるので挙式日のせめて1〜3カ月前くらいには申し込みをする必要があります。

 

ローン契約において、低金利と高額融資というのは大きなメリットではありますが、同時に契約の難易度は上がってきます。

 

その点に注意して、ブライダルローンは普段の生活にはそこまでお金に困る事はないけれど、結婚費用という一時的に高額が必要な時の補助にのみ利用できるものだと考えていただくといいでしょう。

 

その為、カードローンのような手軽さと自由度はないと理解して契約を検討するようにしましょう。