総量規制対象外は審査が厳しいのか?

総量規制対象外のカードローンは銀行が貸付する、銀行カードローンとなります。メリットは、年収3分の1規制が無いことによって、審査次第では1/3以上の借入が可能な事、そして収入が無くて消費者金融では借りられない専業主婦でも貸付をしている銀行もあることですが、「審査はどうなのか?厳しいの?」と言う質問をよく聞かれます。

 

まず、大前提に話をしますが、総量規制対象外だからと言って、審査が緩いわけではありません!はっきりと言えば、消費者金融よりも審査は厳しくなっています。

 

その理由の一つに、保証会社の審査があります。保証会社とは延滞などで返済が見込めなくなった場合、保証会社が銀行へ代位弁済として残金を支払い、その後保証会社が銀行に変わって返済の請求を行います。

 

銀行カードローンには必ず保証会社が付かなければ借りることができず、保証を受けてくれる会社の審査に通過する必要があります。

 

消費者金融と銀行カードローンの最大の違いは、この保証会社にあります。

銀行カードローンの保証会社ってどこなの?

下記に有名銀行カードローンと保証会社を書いてみました。見て分かる通り、銀行の保証会社は貸金業者となっており、消費者金融大手のアコムやプロミスも銀行カードローンの保証会社になっているのです。

銀行カードローン 保証会社
三井住友銀行カードローン プロミス
三菱東京UFJ銀行カードローン アコム
オリックス銀行カードローン オリックス・クレジット(株)または新生フィナンシャル(株)
みずほ銀行カードローン オリエントコーポレーション

例えば三井住友銀行カードローンで借りようと思った場合、保証会社のプロミスの審査をまず通り、その次に三井住友銀行の審査も通らなければ借りることができません。

 

これが消費者金融の場合であれば、プロミスに申込みすれば、プロミスの審査だけ通れば借りることができます。このため、銀行カードローンと消費者金融では、圧倒的に銀行カードローンの方が審査が厳しいと言えるのです。

 

また、銀行カードローン審査と保証会社の関係でいうと、契約する銀行では新規契約であり、信用履歴も問題もなくても保証会社の方の借り入れなどで返済遅延や延滞がある場合は、、まず問題がある保証会社がバックにいる銀行で審査に通過することは難しいといえます。

 

ちなみに、信用情報に記載される問題いわゆる異動情報が、信用情報機関での記録保管期間を超えて消えてしまっていても、問題を起こした契約先の金融機関には顧客情報として残っている可能性があります。

 

つまり、信用情報機関の情報履歴では照会できなかった問題が、銀行カードローン審査の際、保証会社の方の情報から確認されてしまう事もあるという事です。

 

基本的に、借り入れ中に問題を起こした金融機関では、その後申し込みをしても借り入れ契約をすることは非常に難しいです。

 

その為、借入先を銀行にしたからといって、審査が甘くなるようなことは、まずないでしょう。

 

保証会社は1社よりも2社の方がいいのか?

銀行カードローンの保証会社は1社のところもあれば、オリックス銀行カードローンのように2社のところもあります。

 

どちらが良いかのかと言えば、1社よりも2社保証会社が有る方が、審査のメリットは高いでしょう。なぜならば、オリックス銀行カードローンの場合、オリックス・クレジット(株)の保証審査が通らなくても、新生フィナンシャル(株)の保証審査が通れば、保証会社は付くことになるのです。

 

どちらも別会社の為、当然審査基準は異なるので、保証会社が1社だけの銀行カードローンよりも、2社ある銀行カードローンをおすすめいたします。

保証会社が2社ある銀行カードローン
  • オリックス銀行カードローン
  • 楽天銀行カードローン

 

保証会社がカードローン契約者の借り入れ契約を認めてくれなくては、万が一借り入れ契約者が返済不能になった際に、銀行が困ります。

 

というのは、端的に説明すると、銀行が貸し付けた金額が返済されなかった場合、銀行のお金が損なってしまわないように、保証会社が返済不能である借り入れ契約者に代わって銀行にお金を補填してくれるからです。

 

その際、借入額に対する返済の求償権は銀行から保証会社に移りますから、借り入れ契約者はいずれにしても返済はしなくてはいけません。

 

個人のカードローン契約が、原則、保証人不要で出来るのは、銀行の場合も消費者金融の場合も、保証会社があるからです。

 

その為、カードローン審査には保証会社の判断も重要となっています。