専業主婦でも借りられるカードローンは?

まま

 

消費者金融会社は2010年の貸金業法改正によって、総量規制(年収3分の1以上の貸付を禁止する法律)ができ、実質専業主婦への貸付は禁止となりました。

 

なぜ専業主婦が借りられないのかと言えば、配偶者に収入があったとしても、自分自身の収入が0円だからです。

 

あくまで貸金業法の総量規制は、借入利用者本人の年収が基準となっています。

 

その為、いくら配偶者の年収が多く、専業主婦自身の借入が無かったとしても法律で貸金業者からは貸付が禁止となっているのです。

 

ところが、では専業主婦の方はカードローン契約が一切できないのか?といえばそうではありません。

 

総量規制は消費者金融などの貸金業者には適用されますが、銀行は適用外です。

 

つまり、銀行のカードローンであれば、専業主婦の方でも借り入れが可能といえます。

なぜ総量規制対象外は専業主婦への貸付が可能なのか?

 

消費者金融では融資禁止となっている、専業主婦になぜ銀行カードローンは融資可能となっているのか?おかしいと思った人も多いと思います。

 

その理由は、銀行カードローンは総量規制対象外となっている為、年収3分の1規制が無いからなのです。

 

本来、専業主婦の収入が0円だったとしても、配偶者に安定収入があれば、お金の管理をしている主婦は返済能力があるはずです。

 

しかし、法律で融資は禁止となったので消費者金融では借りることはできませんが、銀行なら貸金業法とは関係が無いので、配偶者に安定的な収入があれば借りることができるのです!

 

ただ、全部の銀行カードローンが専業主婦に対し融資OKとしているのではなく、一部の銀行カードローンに限られるのでその点は注意して申し込む必要があります。

 

専業主婦も申込める銀行カードローン

  • 三菱東京UFJ銀行カードローン
  • イオン銀行カードローン
  • みずほ銀行カードローン
  • セブン銀行カードローン

銀行カードローンは2017年に入り過剰貸付が指摘されました。それにより、専業主婦への貸付を止めた銀行カードローンもあります。
以前より審査基準や収入証明書不要額などがより厳格化されたので、今までのように配偶者の方の同意書や収入証明書が不要で契約が出来ない可能性があります。
2017年現在、銀行からの借り入れを検討している専業主婦の方は貸付・申し込み条件をよく確認の上申込む事をオススメします。

消費者金融でも例外的に借入ができる?

 

専業主婦は消費者金融では借入ができないことを説明しましたが、絶対借りられないというわけではありません。

 

年収3分の1以上の貸付を禁止した総量規制には総量規制例外貸付があり、その中に専業主婦への貸付も一定条件を満たせば認められています。

 

しかし、その条件は、配偶者の同意が絶対条件であり、審査は配偶者の信用情報まで調査されます。

 

総量規制例外の配偶者同意貸付は、「配偶者と専業主婦の合計借入(貸金業者)<配偶者と専業主婦の年収1/3」となっていれば借り入れが可能です。

 

ただし、婚姻関係を示す書類から、配偶者の同意、配偶者の収入証明書などの書類が必要となります。

 

そうなると、配偶者自身が申込みした方が圧倒的に時間も手間も少ないと言えるのです。

 

配偶者同意貸付をするには、必要書類を得るためにも旦那さんから借り入れの了承得る必要があります。

 

その為、借り入れをバレないようにする事はいずれにせよ出来ません。

 

それなら、必要なお金がなく自分ではローン契約が出来ない旨を伝え、旦那さんに直接ローン契約することを頼んだ方が良いといえるでしょう。

 

このことから、配偶者同意貸付は 総量規制例外貸付として認められているものの、実際に取り扱っている消費者金融はほとんどありません。