年収の3分の1を超える!総量規制オーバーで借りる方法はある?

 

総量規制を超えた借り入れは、実は消費者金融でも可能です。

 

銀行カードローンは確かに総量規制を超えて、消費者金融よりも多く借り入れが出来ます。

 

ところが、現在は銀行カードローンでの過剰貸付問題の浮上により、銀行の場合も年収の2分の1程が借りられる金額の目安です。

 

とはいえ、年収の2分の1という金額は総量規制の年収制限より多い金額ではあります。

 

したがって、やはり総量規制以上の金額を借りるなら、とりあえずは銀行カードローンに申込むのがオススメです。

 

ただ、消費者金融でも裏技的に総量規制オーバーで借りる方法がないわけではありません。

 

総量規制例外貸付で消費者金融から年収3分の1以上借りる?

 

年収の2分の1といわずにもっと高額を借りたい!という場合は、消費者金融で総量規制例外貸付に申込む方法が挙げられます。

 

通常の申し込みで消費者金融のカードローンに申込んでも、総量規制オーバーになる場合は審査に通りません。

 

そもそも、総量規制は借入側が年収の3分の1以上借りられない!というよりも、厳密には貸金業者が顧客の年収の3分の1以上の融資が出来ない法律です。

 

もし、業者が総量規制をオーバーして貸付をすると行政処分となってしまいますが、借入側は特に何か罰則があるわけではありません。

 

ところが、総量規制例外貸付は名前の通り、特例で総量規制の年収制限を超えて借り入れが可能な貸付です。

 

ただし、総量規制例外貸付で借りるには以下のように用途が限られてきます。

 

総量規制例外貸付が可能な用途
  • 顧客に一方的に有利となる借り換え
  • 緊急の医療費
  • 世間一般的に緊急に必要と認められる支払い費用
  • 配偶者の年収を併せた3分の1以下
  • 個人事業主・自営業者の借入
  • 預金取り扱い金融機関からの貸付までのつなぎ資金

 

上記のような用途で、消費者金融に例外貸付として申し込みをする場合は総量規制をオーバーして借り入れが可能です。

 

特に借り換えでの例外貸付の利用は一般的で、専用のローンが用意されている事が多いです。

 

また、個人事業主や自営業者の方資金用途が生活費などに加え、事業資金にも充てられる可能性があるので、こちらも専用ローンを用意している消費者金融が多いといえます。

 

したがって、借り換えや個人事業主として例外貸付で総量規制をオーバーした借り入れをする事が可能です。

 

その他の例外貸付の用途で、総量規制を超えた金額で借りたい場合は、ネットなどから消費者金融に申し込みをした後で、申込先に電話で相談が必要となります。

 

というのも、一応総量規制の特例として認められてはいるのですが、専用ローンがある以外の例外貸付に消費者金融はあまり積極的ではありません。

 

その為、例外貸付での借り入れを相談したからといって、必ず総量規制をオーバーして借りられるという事ではないです。

 

また、総量規制オーバーの金額で借りる場合は、やはり信用情報や属性の状態が良くなくてはいけません。

 

返済滞納や異動情報が付いている状態で総量規制をオーバーして借りる事は、消費者金融でも銀行でも難しいでしょう。

 

消費者金融でおすすめの総量規制例外貸付は?

 

年収制限をオーバーして借り入れをする事は簡単に出来るわけではありません。

 

ただ、例外貸付にある「顧客に一方的に有利な貸付」としての借り換えの中でも、おまとめローンはそれなりに可能性があるといえます。

 

高額が借りたい方の中には、他社借り入れが嵩んでいてそれをまとめるために総量規制以上借りたい!という方もいるでしょう。

 

そこで、総量規制例外貸付を受けるオススメとして、消費者金融のおまとめ専用ローンを紹介しておきます。

 

おまとめローンとして、総量規制以上の借り入れをするなら、アイフルの専用ローンがオススメです。

 

アイフルおまとめMAX

 

 

貸付対象者

満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で当社基準を満たす方

貸金使途

アイフルの残高及び他社借入金の借換え

金利

実質年率12.0〜15.0%

限度額

1万〜500万円

返済期間・回数

最長10年(120回)

必要書類

  • 原則として、他社借入条件等の確認ができる書類
  • 本人確認書類
  • 源泉徴収票等収入を証明する書類

 

アイフルで一度でも借りたことがある方は、アイフルおまとめMAXの利用がオススメです。

 

消費者金融の通常カードローンは、基本的に100万円以上の借り入れにならないと年15.0%のような金利では借りられません。

 

ところが、中には年収自体が低くて借入額も100万円以下であるものの、おまとめ契約して利息を減らしたい!という方もいると思います。

 

アイフルおまとめMAXは、上限金利が年15.0%で限度額は1万円から設定が可能なので、100万円以下でも低金利です。

 

その為、年収自体が低くいものの、総量規制を超えておまとめしたい方は特に契約先として検討していただくと良いでしょう。

 

ただし、アイフルで一度でも借りたことがある方しか、おまとめMAXが利用できない点にだけ注意してください。

 

アイフルを利用したことがないと、おまとめMAXではなく借り換えMAXという専用ローンでの契約となります。

 

かりかえMAXはm同じく総量規制オーバーの契約が可能ですが、金利が年12.0〜17.5%と高い設定です。