オリックス銀行カードローンは借り換え向き?

 

オリックス銀行カードローンはクレジットカードからの借り換え向きです。
他社カードローンの借り換え先には利用できません。

 

店舗を持たないネットバンクの銀行カードローンは、貸金業法改正後大きく貸付残高を伸ばしています。

 

オリックス銀行カードローンは、ネット銀行のカードローンの中でもスペックが高く人気の銀行カードローンです。

 

オリックス銀行カードローン審査の申込み条件

以下の全ての条件を満たす方が利用できます。
  • お申し込み時の年齢が満20歳以上65歳以下の方
  • 原則、毎月安定した収入のある方
  • 日本国内にご在住の方(外国籍の方は、永住者または特別永住者の方)
  • オリックス・クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社の保証が受けられる方

 

審査の上で重要なのは、まず毎月安定した収入があることです。

 

安定的な収入と言うのは、収入の多い・少ないでは無く、毎月きちんと給料などの収入が見込める人と言う意味です。

 

カードローン年収と借入限度額の関係は、総量規制に直結しており、シンプルに言えば年収が多い人ほど最大借入限度額は増えることになりますが、審査では年収だけでは無く、他の借入状況が大きく関係してきますので、一概に年収が高いからと言って必ず審査に通るものでもありません。

 

以前までオリックス銀行カードローンは前年度の年収が200万円以上という利用条件がありましたが、今は200万円の条件を取っ払ったことによって、審査次第ではパートやアルバイトの方も利用できるようになりました。

 

但し、専業主婦は配偶者に安定収入があっても、自分自身の収入が無いことから、今現在ではオリックス銀行カードローンは利用できないことになっています。

 

銀行カードローンですから、勿論、総量規制対象外で、最高限度額800万円のおまとめローンにも便利な限度額設定となっています。

 

加えて、高額融資であるほど低い金利設定がオリックス銀行カードローンのポイントの高いところです。
借り換え・おまとめの目的は、まずは金利を少しでも低くする事ですから重要な点です。

 

また、カードローン利用中も使える提携ATMの多さや終日手数料が無料であるのは、カードローン利用者の懐に優しいサービスとなっています。

 

その為に、ATM手数料のかかる消費者金融や銀行カードローンから借り換える方も多いです。

 

そんな一見いいこと尽くしなオリックス銀行カードローン唯一の弱点は、申し込み当日の即日融資には対応していない事です。

 

審査の段階でも、申し込みをした日や時間帯または不備がある場合には2,3日要してしまう事があります。

 

以上のオリックス銀行カードローンの特徴を踏まえて、各要点について詳しくみていきましょう。

 

クレカからの借り換え向きな理由は?

 

クレカからの借り換えを大々的にOKとしている銀行カードローンは少ないです。

 

その為、クレカのリボ残高の借り換えがカードローンに出来るか不安な方は多いでしょう。

 

その点、オリックス銀行カードローンは、クレカ残高からの借り換えに対応していると分かりやすく公表しています。

 

オリックス銀行カードローンならば、借り換え後も限度額内での追加借入は可能となっていますので、借り換えローンには最適と言えるでしょう。

 

上述したように、オリックス銀行カードローンは借入額が高額であるほど低金利になります。

 

しかし、クレカのキャッシング金利やリボ払い手数料は、残高が高額になってもそこまで低金利になりません。

 

その為、クレカのキャッシングやリボ払いの返済で行き詰っている場合は、同じ金額を返済していくとしても、オリックス銀行カードローンへ借り換えた方が利息が削減できる可能性が高いです。

 

また、おまとめローンであれば、新規契約のように融資を急ぐこともありませんから、申し込み当日にどうしても即日融資をしてもらう必要はないので、不都合がないでしょう。

 

加えて、オリックス銀行カードローンは随時返済や上乗せ返済がとてもし易い為、借り換え後なるべく早い完済を目指している方におススメです。

 

早期完済をするなら、なるべく残高にかかる利息分をカットする必要があるので、約定返済額よりも多めに返済をして返済期間を短くすることが大切といえます。

 

懐に余裕がある時、約定返済日以外に手元にあるお金をすぐ返済に充てたい場合は、提携ATMからの随時返済が便利です。

 

その際オリックス銀行カードローンなら、返済日でなくても手数料等かからずに随時返済が可能です。勿論、提携ATMならATM手数料も無料です。

 

ATMまでわざわざ行くのは手間だな…といった場合は、オリックス銀行カードローンの会員ページ(メンバーズナビ)から増額返済を申し込むことが可能です。

 

ネットで会員ページから返済する場合は、約定返済日に任意の金額を上乗せ返済する方法となります。

 

希望金額と約定返済額を合わせた金額が、直近の約定返済日に口座引き落としされるので、ATMまで入金に行かなくても上乗せ返済が出来ます。

 

オリックス銀行カードローンは、契約からカードローンの利用までは少々時間がかかりますが、使い始めると自由度が高く借り入れ・返済ともにし易く使い勝手の良いカードローンです。

 

低金利なのは100万円以上の借り入れ!?

 

オリックス銀行カードローンは借り換えに向いてはいるのですが、借り入れ金額が少額の場合は他の銀行カードローンを検討した方が良いかもしれません。

 

というのは、オリックス銀行カードローンの上限金利17.8%とは消費者金融の金利とほぼほぼ変わりません。(プロミスと同率)

 

しかし、下限金利1.7%は業界最低水準なので金利のふり幅が広いです。

 

そこで見ていきたいのが、オリックス銀行カードローンの限度額とそれに対応する金利です。

 

オリックス銀行カードローン金利

 

限度額100万円以下は最高17.8%の金利が適用される可能性が高いです。金利は上限金利が基本的に適用されます。

 

ところが、それ以上の限度額は確実に消費者金融やクレジットキャッシングするより低金利です。

 

特に、150万円以上の限度額で審査に通ると最高でも12.8%という低金利で融資が受けられます。

 

その為、オリックス銀行カードローンで借り入れをするなら、出来るだけ高額での借り入れが向いています。

 

また、限度額はあくまでいくらまでは使える。という、範囲ですから何も無理に毎度100万円以上を借りる必要はありません。

 

金融機関によっては、借り入れ残高で金利が変わるところもありますが、オリックス銀行カードローンは限度額毎の金利設定ですから、限度額さえ下げられなければ、完済間近になっても金利が上がることはありません。

 

ただし、限度額を高額に設定してもらうには、返済能力の証明となる属性や信用情報が良好である必要があります。

 

オリックス銀行カードローンの保証会社は2社あります!

オリックス銀行の特徴として、保証会社がオリックス・クレジット(株)と、新生フィナンシャル(株)の2社の審査が受けられることが挙げられます。

 

保証会社とは、銀行カードローンの場合絶対的に必要になり、保証会社の審査を通過しなければ、銀行カードローンを利用することができません。

 

住宅ローンや賃貸マンションの保証会社を考えれば分かり易いですが、保証会社が付くことによって、万が一延滞等の回収が見込めなくなった場合、保証会社より銀行へ一括で代位弁済が入る為、銀行は貸倒のリスクを最小限にして融資することができるのです。

 

このため、保証会社が付かなければ、今の銀行カードローンは借入することができないことになっています。

 

通常、銀行カードローンの保証会社は1社の場合が多いですが、オリックス銀行カードローンは、2社の保証会社があり、どちらかの保証審査が通ればOKなので、他の銀行カードローンよりも、審査の面では有利となっているのです。

 

銀行カードローンの保証会社一覧
オリックス銀行カードローン オリックス・クレジット(株)または新生フィナンシャル(株)
みずほ銀行カードローン オリエントコーポレーション
三菱東京UFJ銀行カードローン アコム
三井住友銀行カードローン プロミス

 

申込当日中の借り入れが不可能な理由とは?

銀行カードローンは、過剰貸付を指摘されたことで自主規制の一環として、2018年1月より即日審査及び即日融資を停止しています。
その為、オリックス銀行カードローンだけでなく、他の銀行カードローンでも原則、即日融資は受けられません。

 

では、ここからオリックス銀行カードローンのデメリットといえる最短即日融資不可の理由について説明します。

 

カードローンなのに申し込みをした日に即日融資が出来ないというのは、新規契約希望者としてはだいぶデメリットかもしれません。

 

しかし、それにはちゃんとした理由が貸付側にもあります。

 

まず、オリックス銀行はネット銀行であるため実店舗がありません。加えて、専用の自動契約機も有していません。

 

ところが、オリックス銀行カードローンを利用するにはローンカードが手元にあることが必須となっています。

 

即日借り入れをするために、ローンカードを受け取る方法として挙げられるのは、店舗窓口か自動契約機での受け取りですがオリックス銀行カードローンではその手段が物理的に取れません。

 

でも、オリックス銀行カードローンは振込ネットキャッシング可能だよね?

 

そう考えられる方もいる事かと思いますが、先述もしたようにオリックス銀行カードローンで借り入れをするには、ネットキャッシングであっても、まずローンカードを受け取る必要があります。

 

なぜなら、オリックス銀行カードローンはローンカードを、カードローン契約者の自宅へ郵送することで在所確認をするからです。

 

ちなみに、郵送は不可避で受け取りは自宅のみで勤務先など他の場所は指定できません。

 

ローンカードが郵送という事は、発送して当日中に着くことはありませんから、オリックス銀行カードローンでの申し込み当日の即日融資は不可能になっているのです。

 

ただし、オリックス銀行カードローンが絶対に即日融資対応していないのは、申し込み当日を含むローンカードが手元に来るまでの期間だけです。

 

ローンカード到着後は、提携ATMから即刻借り入れが可能ですし、手数料も終日かかりません。

 

また、ネットキャッシング申請での振り込み融資も、ジャパンネット銀行口座あてなら24時間いつでも、土日祝日も最短即時融資可能としています。

 

加えて、ジャパンネット銀行口座以外でも、平日の15時までにネットキャッシング申請すれば、当日中に融資がしてもらえます。

関連ページ

イオン銀行カードローンは専業主婦のお財布に優しいのか?
イオン銀行カードローンBIGは専業主婦(主夫)でも借り入れが出来る事で有名ですが、その他のメリット・デメリットも詳しく説明します。
「むじんくん」でお馴染みアコムのオススメポイントは?
消費者金融アコムのカードローンメリットについて説明します。
プロミスのカードローンはメリットが盛りだくさん?
消費者金融ならプロミスがオススメ!とよく言われる理由と注意点を説明します。