総量規制対象外の種類とは?

考える

 

カードローン契約をするにあたって、最低限知っておく事の一つに総量規制が挙げられます。

 

貸金業法による総量規制は、信販会社や消費者金融、クレジット会社が貸付をする際に適用される規則です。

 

しかし、銀行は銀行法の適用なので、銀行貸し付けの場合は関係がありません。

 

貸金業法自体が、貸金業務へ適用されるものなので、総量規制は貸金業者がその規則に則る必要があるものです。

 

ところが、貸金業は貸付をする相手が居なくては成り立ちませんから、自ずと借り入れ側にも総量規制は関係してきます。

 

総量規制の内容

・債務者の年収の3分の1以上の金額の借り入れが出来ない。
・1社で50万円以上、または他社借り入れと併せた借入額が100万円以上である場合に、収入証明が必要。

 

総量規制は、債務者が多重債務に陥ってしまうのを防ぐ為に改正され、2010年6月より施行された法律です。

 

総量規制対象外とはそれらの規則が適用されない事を意味します。

 

ただし、カードローンの審査に総量規制対象外でも通るかどうかは借り入れ利用者の返済能力に寄ります。

 

その為、総量規制に関係なくとも収入証明を求められる事や年収の3分の1を超えての貸付がしてもらえない事もあります。

 

また、ひとえに総量規制対象外といっても、その中には除外貸付と例外貸付があります。

 

両方とも総量規制の範囲外での貸付であることは同じですが、それぞれ違いがあります。

 

総量規制例外貸付とは?

 

総量規制の例外貸付とは、緊急時や借りている人が一方的に有利になる場合に、返済能力が認められれば年収の3分の1以上の金額が借りられる貸付のことをいいます。

 

総量規制例外貸付にあたるもの

  • 一般的に緊急に必要と思われる費用についての資金貸付(葬儀費用など)
  • 緊急の医療費
  • 顧客に一方的有利となる借り換え
  • 配偶者と併せた年収3分の1以下の貸付
  • 個人事業主への貸付
  • つなぎ資金

 

ただし、例外貸付で借利入れた後は、残高が総量規制で定める年収の割合以下になるまで、例外貸付で借りた先からは勿論、他の借入先からも追加で融資を受けることが出来ません。

 

消費者金融で借り換え・おまとめをした後に、自由に追加借り入れが出来なくなるのも、この例外貸付で借りることになるからだといえます。

 

借り換えや個人事業主の借り入れでは、総量規制例外貸付が認められる事が多いですが、それ以外はなかなか例外適用されない可能性が高いです。

 

総量規制除外貸付とは?

 

総量規制の除外貸付は、総量規制に関わることなく返済能力が認められれば、年収制限以上の金額が借りることが出来る貸付のことです。

 

総量規制除外貸付にあたるもの

  • 銀行カードローン
  • 住宅ローン
  • 自動車ローン
  • 高額医療費
  • 法人への貸付(ビジネスローン・事業ローン)
  • 有価証券担保での借り入れ
  • 不動産担保での借り入れ

 

例えば、年収150万円で既に50万円借りていても、その借り入れが銀行カードローンの分である場合は、総量規制の上で残高とみなされません。

 

その為、新たに消費者金融のカードローンで総量規制内で50万円まで借りることが可能です。

 

その様に、総量規制除外貸付は、総量規制が適用される借り入れとは別扱いで借り入れが出来ます。

 

ただし、総量規制には関係なくとも、信用情報としては他社借り入れや残高として記録されるので、そのあたりを混同しないように気を付けましょう。

 

また、除外貸付に関しては、総量規制を免除するような書類や別途手続きが必要になることはありません。

 

例外・除外貸付以外では総量規制を超える借り入れは不可?

 

総量規制が適用されるカードローン契約をする場合は、例外貸付の条件を満たさない限り年収制限を超えての借り入れは出来ません。

 

その為、総量規制の年収制限を超えた金額で、通常通り消費者金融カードローンに申込んでも審査に通過することは不可能です。

 

というのは、総量規制を破った場合、罰せられるのは法外の貸付をした金融機関なので、借り入れ側が希望してもそれを通すわけにはいきません。

 

総量規制に縛られずにカードローン契約をするなら、銀行から借りるのが良いでしょう。

 

また、特定の資金用途が決まっているなら、銀行カードローンと同じ除外貸付にあたる住宅ローンや自動車ローンなどの目的ローンを利用するのが良いです。

 

ちなみに、総量規制は個人向け貸し付けには適用されますが、法人貸付はその範囲ではないので年収制限が関係しません。

 

基本的に、総量規制例外・除外貸付以外で金融機関から総量規制を超えた融資を受けることは出来ません。

 

ただし、お金を借りられる金融機関は何も消費者金融や銀行だけではないので、自身の状況と借り入れ用途に合わせて借入先を見極めることが重要です。

 

どうしてもカードローンでの契約を総量規制関係なく契約するなら、銀行カードローンしかありませんが、カードローン以外の方法でも良いなら、公的融資を受けることも検討できます。