総量規制対象外カードローンならいくら借りられる?

 

借り入れをする時にいくら必要か考えて、どこなら必要額が十分に借りられるか検討すると思います。

 

その際、限度額の高さを見て借入先を判断することもあるでしょう。

 

ただし、例えばA社の最高限度額は500万円!とされているからといって、誰でも最高限度額500万円が借りられるわけではありません。

 

限度額は、カードローン審査で属性と信用情報を精査され貸付側に決定されます。

 

例え借入先の金融機関が取り扱っている限度額が高くても、カードローン審査で決定された限度額以上の借り入れは出来ません。

 

一般的に消費者金融や銀行で扱っているカードローンの最高限度額は800万円くらいです。
取り扱われている限度額で一番高い金額は1000万円となっています。

 

消費者金融は総量規制の対象ですから、各社がどれだけ高額の限度額を提示していても自身の年収の3分の1までしか借りることは出来ません。

 

しかし、銀行カードローンであれば総量規制以上でも借り入れが可能です。
それもあって、基本的に銀行カードローンの方が扱っている限度額が高額となっています。

 

このサイトで紹介している銀行と大手消費者金融、メガバンクの扱っているカードローン最高限度額を下記にまとめてみました。

 

金融機関(カードローン名)

最高限度額

オリックス銀行カードローン

最高800万円

新生銀行カードローン レイク

500万円

イオン銀行カードローンBIG

 

最大800万円

三井住友銀行カードローン

最高800万円

みずほ銀行カードローン

最大1,000万円

三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック

最高500万円

プロミス

 

最大500万円

モビット

800万円

アコム

 

800万円

 

最高限度額は借りないにしても、それなりにまとまった金額の融資を受けたいという場合は、なるべく最高限度額が高額であるところで契約するのが良いでしょう。

 

というのは、限度額設定が高額であるところは、高額の借りれに対応するだけの資金力があるので、同じ借り入れ希望額でカードローン申し込みをしたとして、高額が借りやすいのは最高限度額設定が高い金融機関といえるからです。

 

初めてのカードローン借入額は最高でも50万円?

 

上記の表を見ていただくと分かるように、金融機関では何百万円の借り入れにも対応しています。

 

しかし、高額融資を受けるにはそれに伴った返済能力を証明できなくてはいけません。

 

カードローンでの借り入れは限度額内で行う事になりますから、例えば100万円を借りたいなら限度額を100万円以上の設定でカードローン審査に通る必要があります。

 

先述もしましたが、限度額は借り入れ利用者の属性と信用情報で決まりますし、まず、カードローン契約が出来るのかというところもそれらを審査することで判断されます。

属性とは?

カードローンでいうところの属性とは、カードローン契約者の個人情報(年齢、年収、勤続年数、住居形態、家族構成など)のことをいいます。
カードローン契約に際して、個人情報の中でも返済能力として見込まれる情報をスコアリング(点数化)することを、カードローン審査では行います。
消費者金融では、総量規制があるので年収が重要となりますが、基本的に金融機関によって属性の何に重きを置いて審査しているかはまちまちとなっています。

 

一般的に、借り入れ履歴がクレジットカードや携帯割賦払いくらいしかない初めてのカードローン契約者は信用情報による返済能力の証明が難しいです。

 

カードローン利用の記録がないので、貸したとしてしっかり返してくれるのか?という判断がつきにくいわけです。

 

その為、基本的に初めてのカードローン契約で一つの借入先から何百万も借りられることは、ほとんどありません。

 

もし、年収が高い、職業が公務員、勤続年数が長く安定しているなどの属性が良好である場合は、100万円前後の限度額設定が初めてでもしてもらえるかもしれませんが、非常に稀です。

 

では、大体どのくらいなら初めての契約でもカードローンで借り入れが出来るかといえば、最高で50万円ほどです。

 

特に、限度額50〜100万円以上からは金利設定がそれ以下の限度額と変わってくる金融機関は、なかなかそれ以上は信用が積みあがっていないと借り入れしにくいといえます。

 

また、消費者金融で50万円を借りるなら年収は150万円以上なくてはいけません。

 

銀行カードローンの場合は、総量規制は関係ないので厳密に年収が150万円以上でなくては、50万円借り入れが出来ないというわけではありません。

 

ただし、総量規制対象外の銀行カードローンも、限度額設定の目安として年収の3分の1を基準にはしているので、あまりにも年収は勿論、返済能力に見合わない金額は貸し付けしません。

 

カードローンで借りられる金額というのは、あくまで自身の収入や身辺状況によって無理のない金額での貸付となります。