カードローン契約が複数!借り入れ件数は総量規制に関係する?

 

まず、総量規制の対象となるのは貸金者からの借り入れなので、複数借入先が銀行や信金・ろうきんの場合は総量規制の上ではカウントしません。

 

総量規制でよく取り上げられるのは年収制限ですが、貸金業者から複数借り入れをしている場合は何か総量規制が関係してくるのか?という点が気になる方もいるでしょう。

 

結論から述べると、総量規制では融資額の年収による制限はありますが、借り入れ件数は特に規制はないです。

 

複数借り入れ先があっても総量規制は関係ない?

 

その為、総量規制で複数借り入れが取り締まられている事はありません。

 

では、借り入れは複数あっても何も問題はないのか?といえば、そういうわけではありません。

 

カードローンなどの借入件数は総量規制では特に規定がありませんが、審査の際にはチェックが入ります。

 

審査では、借入件数があまりにも多いと多重債務とみなされ、審査落ちの原因となり易いです。

 

また、他社借入件数は総量規制に関係ありませんが、他社残高含めた借入総額は総量規制に関係あります。

 

というのは、総量規制の年収の3分の1までという融資額の規定は、1社からの借入ではなく契約している貸金業者全ての残高合計に適用されるものだからです。

 

加えて、年収制限だけでなく、収入証明書の提出の有無にも他社借入は関係してくるといえます。

 

基本的に、収入証明書類は総量規制で1社50万円以上借入をする場合と、他社借入含む100万円以上の借入となる場合に提出が必要です。

 

つまり、消費ゃ金融などの貸金業者を契約先として借入先を増やす場合は、他社借り入れ残高と収入証明書の必要額に注意した方が良いでしょう。

複数借り入れを一本化するなら総量規制対象外のおまとめローン?

 

借入件数自体が総量規制で直接何か制限されることはありませんが、審査結果を左右するように与信状態的には複数ない方が良いです。

 

また、借入先が増えすぎて多重債務で返済が厳しくなっている場合は特にローンの一本化をオススメします。

 

複数のローンを1つにまとめる借り換えを「おまとめローン」といいますが、おまとめ契約は総量規制例外貸付です。

 

総量規制例外貸付では、消費者金融などの貸金業者での契約でも、特別に自身の年収の3分の1を超えた金額で融資を受けることが出来ます。

 

ただし、例外貸付のおまとめローンで融資を受けてローンを一本化した場合、契約時に融資を受けた後は完済まで返済しか出来ません。

 

その様に、例外貸付のおまとめローンは返済専用ローンとなっているので、多重債務の方でもおまとめ契約がそこまで難しくないです。

 

ちなみに、例外貸付として消費者金融などでおまとめをするのではなく、そもそも総量規制が関係ない銀行で一本化する場合はおまとめ後も借入が出来る場合もあります。

 

その為、もしおまとめ後にも追加借り入れをする可能性がある場合は、銀行カードローンで複数ローンをまとめるのが良いでしょう。

 

ところが、銀行カードローンの中にはおまとめ利用できないものがあったり、例外貸付よりも審査が難しい傾向にある点に注意が必要です。

複数ローンで借りる金額を増やすのは良くない?

 

時に、借入先を増やす理由としては、借りられる金額を直ぐに多くしたい!というものが考えられます。

 

きちんと各借入先に返済が滞りなく出来ているなら良いのですが、借り入れ件数が増えてくると返済日や返済額の管理が難しいです。

 

返済が遅れてしまった!予想していなかったほど利息が嵩んでしまっていた!という事がカードローンを複数契約していると起こりやすいといえます。

 

加えて、最初の方でも述べたように、借り入れ件数が総量規制で制限されるような事はありませんが、信用情報の審査の際には足を引っ張る可能性が否めません。

 

その為、既存のカードローンで借りられる金額よりも高い金額を望む場合は、安易に契約先を増やすよりも、増額や借り換えで限度額を上げることをオススメします。

 

確かに増額や借り換えをするよりも、新規カードローン契約をした方が、すぐに借入額を増やすことは可能です。

 

特に、消費者金融などは新規申し込み当日中の即日融資にも対応していますから、早く多く借り入れがしたい方は複数借り入れをしがちでしょう。

 

ただ、あまりに複数借り入れに慣れてしまうと、多重債務になりそのうちに返済不能になってしまうリスクがゼロではありません。

 

したがって、なるべく多くの金額を借りる場合、1つの契約先で何とかした方が返済をしていく時に楽です。

 

もし、既に複数の契約先がある場合は先述したように一度おまとめをする事をオススメします。

 

また、今契約先を増やすことを考えている!という場合は、現在の契約先での増額ではどうしても賄えないか?契約先を借り換える事で増額が出来ないか?検討してみてください。