事業性資金のビジネスローンは総量規制例外貸付?

 

事業資金の借り入れは一昔前であれば、もっぱら銀行融資や国の事業融資くらいしか当てがありませんでしたが、それらは如何せん融資までに時間がかかります。

 

ところが昨今は、ビジネスローン(事業者ローン)という事業資金でも、カードローンと同じような仕組みと融資スピードで借り入れが可能なローンプランが、各金融機関で取り扱われるようになっています。

 

このビジネスローンというのは、基本的には総量規制対象外となっています。

 

総量規制は元々個人向け貸付が対象の規制ですから、法人の借り入れには適用されません。
その為、法人が事業性資金でのローン契約をするのも総量規制対象外となります。

 

また、個人事業主の借り入れは総量規制例外貸付となっており、年収の3分の1に縛られずに借り入れが可能です。

 

基本的に消費者金融で扱っている通常のカードローンは事業性資金としての借り入れを認めていないことが多いです。
元から総量規制除外にあたる銀行の通常カードローンも同じく、借入金を事業に利用することを制限しています。

 

そこで、消費者金融や信販会社におけるビジネスローン(事業者ローン)で、個人事業主が契約する際に総量規制外での借り入れが可能となっているのです。

 

総量規制例外貸付で事業資金を借りるには?

 

しかし、総量規制例外貸付で事業性資金を借りる場合、所定の条件があります。それは以下の通りです。

  • 資金用途が事業に関するものである。
  • 直近の確定申告書や事業の内容が分かる書類(事業計画、収支計画など)の提出。
  • 借入金額が返済能力に見合う金額である。

ビジネスローンですから、資金用途は事業に関するものでなくてはいけません。
ただし、資金用途を原則自由としているビジネスカードローンなどは、事業資金に加えて生活費にも借入金を使って良いとしています。

 

というのも、特に個人事業主という属性は事業資金以外での借り入れの際、通常カードローン審査では多少不利であるからです。

 

その理由は、個人事業主の場合、事業の収益が安定しづらく収入の安定性が欠けるとローン審査では判断されてしまう事が多いからです。
その為、個人事業主への貸付は総量規制対象外となっている節もあります。

 

また、事業実態の証明と収益が貸付側に提示出来なくては、事業性資金の借り入れは出来ません。

 

基本的に2期分の決算書や確定申告書が必要です。加えて、印鑑証明や、法人の場合には登記簿の提出が求められることがあります。

 

その他、納税証明書や収支計画書なども用意できればあるよ良いですが、借入額が高額でなければ不要なことが多いようです。
(業歴が短いと提出が必要な場合があります。)

 

ビジネスローンは総量規制に関わらず借入が可能にはなっていますが、総量規制対象外であっても、年間事業収益の3分の1が限度額の目安になっています。

 

これは、通常の総量規制対象外の、例えば個人向け貸付の銀行カードローンでも同じで、なにも事業性資金の総量規制対象外による借り入れ契約に限った話ではありません。

 

総量規制対象外だからと言って、収入などの返済能力を超える金額の借り入れは原則出来ないようにローン審査は行われます。

 

それを踏まえたうえでの、現実的な借り入れ希望額でローン申し込みはしましょう。

 

人気の総量規制対象外ビジネスローンは?

 

事業性資金の借り入れが出来る各ビジネスローンのメリットを簡単にまとめました。

 

オリックスクラブカード

審査時間最短60分で即日融資にも対応。事業性資金以外でも利用可能。
年利6.0%〜17.8%、100万円以上の契約枠で最高でも金利14.9%の低金利ビジネスローン。

 

ビジネスパートナー(ビジネスローン)

最大45日間の無利息期間がある。来店不要契約でカードレスローン利用が可能。
最短即日審査(審査後、翌日融資可能)

 

モビットカードローン

最短即日融資可能。事業性資金にも使える唯一の通常カードローンで資金用途自由
自営業者(個人事業主)借り入れに総量規制例外貸付対応。法人は契約不可。

 

ビジネクスト

融資限度額1,000万円(新規取引は500万円まで)利用限度額100万円以上で金利8.0%〜15.0%

 

モビットは本来、通常カードローンなので総量規制が適用されますが、自営業者(個人事業主)への貸付に関しては、同じく総量規制に則って総量規制例外貸付が可能となっています。

 

他はビジネスローンなので、総量規制対象外での借り入れが特に問題なく可能となっています。

 

モビットが個人事業主に人気な理由は即日融資?

事業性資金が低金利で借りられるビジネスローンがある中で、どうしてかモビットカードローンが個人事業主の方には人気です。

 

その理由の一つは、やはり最短即日で借り入れが可能であることです。
上記のビジネスローンを見ていただくと分かるように、ビジネスローンの中で最短即日対応可としているのはオリックスクラブカードだけです。

 

しかし、そのオリックスクラブカードも審査は最短60分ですから、モビットの審査時間最短30分加えて10秒簡易審査もある事を考えると時間がかかります。

 

個人事業主の方は、高額の融資よりは素早く事業性資金を調達することが目的である可能性が高いです。

 

法人に比べるとどうしても収益は少ないですから、いくら総量規制対象外と言えど100万円以上の高額融資は返済能力からしても望めない事が多いでしょう。

 

そうなると、限度額の高さよりもつなぎの事業性資金を緊急時にサッと借りたい!という希望が多いのも納得できます。

 

また、もう一つモビットが個人事業主のかゆいところに手が届いている点が、資金用途が事業性資金に限られない事です。

 

事業収益によっては生活が厳しくなるのが、自営業者(個人事業主)の難儀な点ですから、初めは事業資金で借りたとしても、それ以外で借入金を使う必要が出てくる可能性は大いにあります。

 

そんな時に、カードローンとして資金用途自由で事業資金利用もできるモビットカードローンは、非常に便利なのです。
その点においては、ビジネスローンのオリックスクラブカードも同じメリットがあるといえます。