総量規制対象外は提携ATMが無料?

総量規制対象外のカードローンの特徴とも言える、提携ATM手数料無料。これは全ての総量規制対象外のローンに当てはまるのか?

 

正直、提携ATM手数料が無料なのか、有料なのかは公式HPを見ても意外に分かりにくい部分なのです。

 

ATM手数料無料なカードローンの場合、多くはそのメリットを大々的にアピールしているので、すぐに判断できますが、中には提携ATM手数料一部無料となっているものもあり、その場合はどの提携ATMが無料なのか、公式サイトの奥まで入っていかないと判断が難しくなっています。

まずはコンビニ提携ATM手数料が無料かどうか

提携ATMと言っても、銀行等の金融機関のATMから、消費者金融のATM、そしてコンビニのATMまで幅広くあります。

 

しかし、圧倒的に利用することが多いのはコンビニに設置してあるATMになります。

 

コンビニに設置してあるATM
コンビニ 設置ATM
セブンイレブン セブン銀行ATM
ローソン ローソンATM
ファミリーマート EnetATM

コンビニにもいくつか種類がありますが、最も店舗が多いセブンイレブンに設置してある、セブン銀行ATMと提携していて、利用手数料が無料であれば、今の時代、かなり使い勝手が良くなります。

 

総量規制対象外のカードローンは、銀行カードローンですが、多くはセブン銀行、ローソン、Enetと提携していますが、全ての銀行カードローンが手数料無料なわけではありません。

セブン銀行・ローソン・Enetの手数料が無料なカードローン
  • オリックス銀行カードローン
  • 三菱東京UFJ銀行カードローン
  • 三井住友銀行カードローン
  • 新生銀行カードローン レイク
  • セブン銀行カードローン

上記の銀行カードローンはコンビニ提携ATM手数料が無料となっています。消費者金融でもコンビニATMと提携していますが、ほとんどが手数料有料となっており、1回利用すれば108円から216円の利用手数料が発生します。

 

プロミスやアコムなどの大手消費者金融でもコンビニ提携ATM手数料は有料となっています。

 

基本的に、消費者金融でのカードローン利用の場合は、契約先の自社ATMか自動契約機しか手数料無料で借り入れ・返済は出来ません。

 

プロミスとモビットだけは、提携先の三井住友銀行ATMのみ手数料無料で利用が可能となっています。

 

コンビニATM手数料は金利換算にすると非常に高いため、提携ATM手数料無料のカードローンでまずは選ぶことが重要なポイントなのです。

 

みずほ銀行カードローンはATM手数料がかかる?

 

上記のコンビニATMが手数料無料で利用できる銀行の中に、唯一メガバンクの中でみずほ銀行カードローンが挙げられていません。

 

みずほ銀行カードローンで、手数料をかけずにATMを利用するには平日の8時45分時か〜18時までにみずほ銀行のATMで借り入れ・返済をするしかありません。

 

みずほ銀行以外の提携ATM、時間外や土日の利用では1万円以下=100+税、1万円以上=200+税の手数料がかかります。

 

提携しているコンビニATMでも他金融機関ATMでも、手数料が発生してしまうので、みずほ銀行カードローンを契約する際は、ATMの利用に注意しましょう。

 

みずほ銀行カードローンでは、ネットバンキングを利用した借り入れ・返済も可能となっているので、そちらで振り込み融資と口座振替を利用した方が、余分な出費をせずに済みます。

 

ネットバンキングで借り入れ・返済をすればATM手数料は関係ない?

銀行カードローンの場合は、上述してきたようにATM手数料が無料で利用できる提携金融機関やコンビニATMが多いので、他に理由がなければネットバンキングに特にこだわる必要はありません。

 

しかし、消費者金融の場合は、基本的に自社のローン契約機(またはATM)だけが手数料無料であることが多いです。

 

ところが、ATM手数料というのはATMを利用すると発生するものですから、そもそも利用しなければ支払わなくて済む料金です。

 

そこで、ATM料金を省く方法として、ネットから口座を利用して振り込み融資と自動引き落としで借り入れ・返済をする、ネットバンキングによるカードローン利用が挙げられます。

 

借入はネットから契約先に振り込み融資申請をすることで行い、返済は約定返済日に自動で口座から支払われるので、ローンカードでATMを利用することはありません。

 

カードローンでネットバンキング利用するには、銀行口座が必要ですから振り込まれた融資はその口座に対応するキャッシュカードで引き出すことになります。

 

その為、消費者金融のローンカードでATM利用するより手数料がかかる可能性は格段に下がります。

 

返済時には、わざわざ入金に行くこともないのでその点でもネットバンキングの利用は便利です。

 

また、振り込まれた融資をATMから引き出すのも避けたい!という場合は、デビットカードを併用することで口座にあるお金をカード払いでその場で利用することが可能です。

 

以上のように、カードローンにおけるATM手数料は一工夫することでなくすことが可能です。

 

カードローン返済には、元金に加えて利息もかかってきますから、それにさらにプラスして借りた金額に関係ないお金を払うのは避けるようにした方が良いと思いませんか?