クレジットカードに総量規制は関係あるのか?

クレジットカードの画像

 

総量規制は個人向け貸付に適用される法律ですが、カードローンと似た性質を持つクレジットカードも総量規制の適用だとご存知でしょうか?

 

厳密には、クレジットカードのショッピング枠は総量規制の対象外なのですが、もう一つの機能であるキャッシング枠が消費者金融でのカードローン同様に、総量規制の対象となっています。

 

クレジットカードのショッピング枠は、総量規制を含む貸金業法ではなく割賦販売法の適用となっています。

 

ちなみに、ショッピング枠の利用限度額は、年収から属性で判断できる生活維持費を引いた金額でカード会社に決定されます。
割賦販売法では、支払い可能見込み額に0.9をかけてショッピング枠とするようになっています。

 

また、クレジットカードのキャッシング枠はショッピング枠に含まれる形となるので、ショッピング枠よりも金額が低く、尚且つ、総量規制の年収の3分の1を超えない金額での限度額設定となります。

 

加えて、クレジットカードキャッシング枠の利用が総量規制ギリギリの借り入れ額の場合、総量規制が適用される貸金業者からの借り入れは高確率で断られ、審査に落ちます。

 

逆に、消費者金融からの借り入れ額が、クレジットカードのキャッシング枠を利用することで総量規制に触れそうな金額の場合も、同じくクレジットカードのキャッシング枠を利用することは出来ない可能性が高いです。

 

総量規制の定める年収の3分の1の金額を満たしてしまう事になる借り入れ契約は、出来ないことが多いです。

キャッシングとカードローンの併用は避けた方が良いのか?

 

総量規制の兼ね合いもありますが、借り入れ審査の観点からいっても出来ればどちらかの利用に限ることをお勧めします。

 

両方利用していたとして、カードローンが消費者金融との契約であれば、絶対に年収の3分の1以上はクレジットキャッシングでもカードローンでも借りられませんから、二つ契約先があることにメリットはありません。

 

寧ろ、消費者金融カードローンとクレジットキャッシング両方別々に使うよりは、消費者金融の借り入れの方にキャッシング分の借り入れをまとめてしまった方が、利息負担が軽くなります。

 

消費者金融カードローンは返済方法も豊富ですし、ATMが無料で利用できるところもあるので、クレジットカードによる返済よりも状況に合わせて便利な利用の仕方が出来ます。

 

もし、銀行カードローンとクレジットカードのキャッシング枠の併用だとしても、借り入れ件数が複数であることに変わりはないので、信用情報の面での評価はあまりよくありません。

 

他社借り入れがある場合、総量規制対象外の銀行カードローンでも借りられる金額が抑えられてくる可能性が高いです。

 

というのは、他社からの借り入れを貸し倒れリスクとして貸付側としては認識せざるを得ないからだといえるでしょう。

 

借入先が増えることは、多重債務への足掛けになる事だと肝に銘じで起きましょう。

 

クレジットカードキャッシング枠をなくせる?

 

とはいうものの、カードローンは借り入れは出来てもカード払いが出来ない為、クレジットカード事態を解約してしまうと不便…。
確かにそうだと思います。

 

しかし、一番最初にも述べたように、クレジットカードのキャッシング枠の利用が他の借り入れ・ローン契約に影響があるのであって、ショッピング枠は借り入れに関して影響しません。

 

そこで、クレジットカードのキャッシング与信枠だけをゼロにしてしまう事をお勧めします。

 

クレジットカードのキャッシング枠は、契約時に利用希望額をゼロで申請出来ますから、ショッピングでしかクレジットカードを利用しない場合は、最初から与信を取らないことも出来ます。

 

また、すでに契約済みでクレジットカードのキャッシングの与信がある場合は、カード会社に連絡しキャッシング枠をゼロにしてほしい旨を伝えれば、キャッシング利用は出来なくなり総量規制にも信用情報にも影響はなくなります。