総量規制対象外カードローンのメリットを徹底解説!

総量規制の説明を聞いている男性画像

消費者金融やクレジットカード会社、信販会社などは、ノンバンクのカードローンとして、銀行以外でお金を借りられる便利な会社です。

 

しかし、これらの会社全ては貸金業者(貸金業登録をしている会社)となっており、2010年6月より、総量規制が実施されております。

 

総量規制とは、貸金業者が貸付できる金額は、利用者の年収の3分の1までと決められた法律であり、例えば年収300万円(税込)の人ならば、消費者金融から借りられるのは最大でも100万円までとなったのです。

 

100万円を超える貸付をした場合、貸付した会社は貸金業法違反となりますので、正規の貸金業者であれば、年収3分の1以上貸付することは、法律上できなくなっているのです。

カードローンでは年収3分の1以上絶対に借りられないのか?

総量規制は利用者の年収1/3までしか貸付ができないのですが、この法律は貸金業法内の法律の為、従わなければならないのは貸金業者のみです。

 

お金を貸すところは、貸金業者以外にもありますよね?最も有名なのは銀行です。では、銀行でも消費者金融と同じように借入できるのは年収の3分の1までか?と言えばそうではないのです。

 

銀行は貸金業者ではありませんので、貸金業法は適用外となっています。銀行は「銀行法」という法律に沿って貸付をしており、銀行法には総量規制はありません。

 

その為、銀行であれば、実質年収3分の1の壁が無く、審査次第では消費者金融では借りられなくても、銀行では借入が可能になるケースもあるのです。

総量規制対象外のカードローンはどこなのか?

銀行では総量規制対象外になる旨を説明しましたが、では、総量規制対象外のカードローンはどこなの?消費者金融では無いカードローンを教えて!と言う声が聞こえてきそうですね。

 

今注目を浴びている、総量規制対象外でおすすめの銀行カードローンをご紹介していきます!

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンは店舗を持たないネットバンクになりますが、銀行カードローンで今最も口コミ評判が熱いカードローンと言えます。

 

1番のおすすめポイントは、業界トップクラスの低金利!年利3.0%〜17.8%となっており、最低3.0%はカードローンでも最低水準の金利となっています!

 

そして、審査は最短即日が可能!限度額300万円以下は収入証明書不要で借入できるのも人気の理由です。また、資金使途は事業用以外はOKとなっており、もちろん、消費者金融からの借り換えやおまとめとしての利用も可能!

 

しかも、セブン銀行・ローソン・Enet・イオン銀行・ゆうちょ銀行・三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・西日本シティ銀行のATMは終日無料(利用手数料0円)でなんどでも借入・返済ができるのが他のカードローンには無い大きなメリットになっています。

新生銀行カードローン レイク

総量規制対象外の銀行カードローンでスピードを求めるならば、新生銀行カードローン レイクがおすすめ!

 

その理由は、銀行カードローンでも平日14時までに所定手続きを完了すれば、最短即日融資が可能な点です。しかも、自分名義の銀行口座に振込融資で借りられるのがレイクの大きな特徴と言えます。

 

銀行カードローンのメリットである、提携ATM手数料も当然無料!セブン銀行・ローソン・EnetのコンビニATMから手数料0円で利用し放題です!

 

尚且つ、借入のうち5万円まで180日間無利息か借入の全額を30日間無利息の2つの無利息から好きな無利息を選択できます。銀行カードローンで無利息サービスをしているのはレイクの大きな魅力です。

イオン銀行カードローンBIG

総量規制対象外のカードローンで低金利を求めるならば、イオン銀行カードローンBIGで決まり!

 

金利3.8%〜13.8%で総量規制対象外の銀行ローンでもその金利の低さは随一と言えます!以前までは、審査時間が1〜2週間程度必要だったのですが、今は最短即日審査OK!

 

オリックス銀行同様に、限度額300万円以下は収入証明書不要で借りることができます。そして、最大の特徴は収入が無い専業主婦でも最高50万円まで融資可能としており、消費者金融では総量規制によって借りられない専業主婦への貸付を低金利で行っています。

 

また、おまとめローン・借り換えローンとしても利用使途もOKとなっており、複数の借り換え(おまとめ)で100万円以上になった場合は、イオン銀行カードローンの金利は8.8%以下となり、さらに低金利!

 

融資までの日数が多少かかりますが、金利が低いカードローンで借りたい人にはぜひおすすめしたい1枚です。


更新履歴